平成29年秋季全国火災予防運動 戻る
ホーム  >  各種案内  > 火災予防 > 平成29年秋季火災予防運動のお知らせ
火の用心 ことばを形に 習慣に

平成29年秋季全国火災予防運動における海部南部消防の活動

   毎年11月9日〜15日は、全国一斉に火災予防運動が実施されます。
   当組合では期間中、住宅防火対策などの推進を重点目標とし、車両、セスナ機による広報、ポスターの掲出を始めとする以下の活動を行います。

1 目 的
  この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を防止し、高齢者等を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的とする。


2 全国統一防火標語(平成29年度全国統一防火標語)
  「火の用心 ことばを形に 習慣に」


3 実施期間
  平成29年11月9日から11月15日までの7日間


4 全国統一重点目標
  (1)住宅防火対策の推進
  (2)放火火災・連続放火火災防止対策の推進
  (3)特定防火対象物等における防火安全対策の徹底
  (4)製品火災の発生防止に向けた取組みの推進
  (4)多数の観客等が参加する行事に対する火災予防指導等の徹底


5 実施事項
  (1)広報活動
   ア 航空機による広報
     航空機による広報は愛西市消防本部・海部東部消防本部・蟹江町消防本部と協同して各管轄内で本部ごとに実施
    する。(11月9日)
   イ 防火チラシ、ポスターの配布
     「火の用心」のチラシ、ポスターを主な事業所に配布する。
   ウ 防火・防犯・交通安全パレード
     11月9日(午前中)蟹江警察署及び海部南部消防連合会合同で、蟹江警察署管内を車両8台で、2班に分かれて
    車両パレードを実施する。
   エ 消防広報車等にて火災予防運動実施中のマグネットシートを掲示し、管内の巡回広報を実施する。
     巡回広報期間 11月9日〜11月15日(11時〜13時、17時〜19時の時間帯に実施)
   オ 特定事業所等に対し、防火広報を依頼
     1,000平方メートル以上の店舗棟に対して、火災予防の放送及び立て看板の掲出による広報を依頼する。
   カ 火災予防運動実施中の懸垂幕等を本署、北分署及び南出張所の庁舎・訓練塔に掲示して、通行車両運転手及び
    地域の住民に広報する。
   キ 住民・事業所からの要請により、初期消火訓練等を実施する。(消火器取扱い訓練)
   ク 消防(避難)訓練を通じ、住宅防火7つのポイントを広報し火災予防の高揚を図る。
   ケ 管内の各小学校全児童を対象に防災図画を募集し、防災意識を認識させるとともに、優秀作品に表彰状と記念品
    を贈り、多数の人が出入りする事業所等に作品を展示する。
     ※ 特別展示   十四山地区文化の集い    10月29日(日)
                飛島ふるさとフェスタ      11月5日(日)
  (2) 防火対象物の視察研修
     消防団・市町村担当者及び消防職員合同で防火対象物の視察研修を実施し自主防火管理体制の促進を図る。
  (3) 住宅用火災警報器の設置状況調査
     弥富市、飛島村と調整のうえ敬老会等に出向し、高齢者に対し住宅用火災警報器の設置PRと設置状況アンケート    調査を行う。
  (4) 平成29年秋季全国火災予防運動期間中における行事結果等の報告
   ア 火災予防運動期間中の火災発生状況
   イ 火災予防運動期間中の行事結果等
このページに関するお問い合わせは 〒490-1438
海部郡飛島村大宝五丁目182番地
海部南部消防本部 予防課
TEL 0567-52-3143 予防係ダイレクトイン
FAX 0567-52-3114


 Copyright (C) Amananbu Fire Department. All Rights Reserved.








住宅防火 いのちを守る 7つのポイント           戻る
  ―3つの習慣・4つの対策―

3つの習慣

○ 寝たばこは、絶対やめる。

○ ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。

○ ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

4つの対策

○ 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。

○ 寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。

○ 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。

○ お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる



一人暮らしの老人家庭防火診断指導事項           戻る
 
住  所   
氏  名
生年月日   明  大  昭

 1 地震が起きた場合、転倒、落下の危険性はないか。

 2 居室、寝室にタンスが固定されているか。

 3 緊急な場合、避難できる場所に就寝しているか。

 4 住宅用火災警報器は設置されているか。

 5 避難口までの経路に出入り口はいくつあるか。

 6 避難経路となる場合に障害物はないか。

 7 開放できる工夫がなされているか。

 8 万一の火災の場合に備えて消火の備えはあるか。

 9 寝たばこ等による出火防止はできているか。

10 外出時、就寝前の火の元の安全確認はできているか。

11 外出時、就寝前にプロパンの元栓を閉めているか。

12 石油ストーブ、電気製品の危険な取扱はしていないか。

13 安心電話とペンダントの作動状況は確認されているか。

14 その他