ホーム消防最前線防災 > 防災関係 > 地震が起きたら

地震(じしん)がいつおこるかを正確(せいかく)に予知(よち)することはとても難(むずか)しいことです。でも、いつ地震がおきてもあわてないように、大地震がおきたらどうしたらいいか、日ごろから準備(じゅんび)をしたり、家族(かぞく)でよく話し合っておくことが大切です。

地震が起きたら、まず自分の身を守ることが大切です。いざというときにどうしたらいいか覚えておきましょう。


1.まず、身を守りましょう

テーブルや机などの下にもぐったり、ざぶとんなどで頭を守りましょう。倒(たお)れやすい家具のそばからはなれましょう。外出中、地震にあったら、かばんなどの持ち物で、落ちてくるものから頭を守り、ブロック塀(べい)や崖(がけ)、たおれている電柱(でんちゅう)や電線(でんせん)など危険なところからはなれましょう。

2.もし火がついていたら、火を消しましょう
小さなゆれでも、火を消す習慣(しゅうかん)をつけましょう。地震で怖(こわ)いのはその後に発生(はっせい)する火災(かさい)です。火災で命を落とさないためにも心がけましょう。

3.窓や戸をあけておきましょう
地震でドアがゆがんで、開かなくなることがあります。いつでも逃(に)げられるように地震がおきたら、窓や戸を開けるようにしましょう。

4.あわてて外にとびださない

地震のとき、あわてて外に飛び出すと、屋根瓦(やねがわら)や窓ガラスなどが落ちてきて、けがをすることもあります。外にでるときは気をつけましょう。また、部屋の中でも割(わ)れたガラスでけがをすることがあります。スリッパや靴(くつ)をはきましょう。

5.家族の安全を確認(かくにん)
家族の安全を確認したら、となり近所(きんじょ)の人の安全も確認して、助け合いましょう。

6.学校や決められた場所に避難(ひなん)するとき
避難(ひなん)するまえに電気のブレーカーを切り、ガスのもとせんをしめましょう。電気やガスは火災(かさい)の原因になります。必(かなら)ず確認しましょう。
7.正しい情報(じょうほう)を聞きましょう
ラジオやテレビ、消防署(しょうぼうしょ)・区市町村などからの情報(じょうほう)を聞くことができるように携帯(けいたい)ラジオなどを備(そな)えておきましょう。

Copyright (C) Amananbu Fire Department. All Rights Reserved.